下半身浴はいいという話を聞いた事がありますが

私が子供の頃と言えばお風呂から出る前には、“肩までお湯に浸かって、ゆっくり100まで数えてからね。”と言われたものです。

子供の私にとっては少し熱めでしたがそれを我慢して肩まで浸かり、100まで数えさせられたものです。
そのスタイルが根付いてしまっているのか、今でもお風呂から上がる前は肩までお湯に浸からないと入った気になりません。
随分前“健康には下半身浴がいい”という話題をよく耳にしましたが、何回かやってみましたがどうしても肩の部分が寒く感じてしまいます。

特に寒い冬の時期には下半身浴は私には絶対に無理です。
“まあ、体にいいって言ってもどういいのかわからないし、根拠もわからないしね。

”と勝手に自分で納得し、今でもお風呂から出る前は肩まで浸かって15~20分くらいしてから出てきます。
その間にウトウトと居眠りをしてしまう事もあります。
自分では“危ないな”とは思いますが、気持ちはいいものですね。

先日はちょっと寒かったという事もあって少し長めに浸かっていました。
20分くらいして湯船から出ようとすると、目の前が真っ暗になり目眩が・・・
今はいいかも知れませんが、年齢を重ねてもずっとこの入り方はダメかな?と思ってしまいました。

気を付けないといけませんね。

Categories: nocategory